脳動静脈奇形の実態に迫る【発覚した時の治療法とは】

脳動静脈奇形ってどんな病気?

脳動静脈奇形とは、血管の奇形です。異常な静脈と動脈が1つの塊になり、多量の血液が動脈から静脈へ流れ出ます。くも膜下出血やてんかん、脳内出血を起こすことがあります。

脳動静脈奇形で現れる症状

  • 言語障害
  • 片麻痺
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • てんかん
  • くも膜下出血
  • 視野障害
  • 脳内出血
  • 感覚障害

脳動静脈奇形の実態に迫る【発覚した時の治療法とは】

脳

治療の方法

手術を行うかどうかは年齢や性別、動静脈奇形の大きさなどによって決まります。もし手術をするなら、外科手術で動静脈奇形を全摘出するのが一般的です。また、ガンマナイフ治療や血管内治療を行うこともあります。

病室

他の病気と見分けるために病院へ行こう

頭痛やてんかんなどの症状が表れ、脳動静脈奇形の可能性があると感じたら、病院で検査を受けましょう。同じような症状が表れる病気は他にもあるので、区別するためには検査しないといけないからです。脳神経外科や神経内科で診察を受けるといいでしょう。

女医

判断方法

造影剤を用いて頭部CT・MRIで診断します。手術を行うのであれば、脳血管撮影を行いますが、てんかん発作がある人の場合は脳波検査が行われます。

早期発見のメリット

聴診器

余裕をもって治療できる

万が一、脳出血などを起こした場合はすぐに処置をしないといけません。しかし、早期発見なら急がなくてもいいため、余裕を持って治療できます。

早い回復が見込める

少しでも若いうちに発見できれば、治療後の回復も早いでしょう。年を取ってからではリスクもありますから、違和感があればすぐに病院に行くようにするべきです。

リハビリの結果が出やすい

回復が早いのと同じように、若いうちなら体力もあるためリハビリ効果が出やすいでしょう。効果が出れば、手術後も安心です。

広告募集中