行徳で腰痛を治せる!

日頃から気を付けよう

安静にしている状態でも腰に痛みを感じるのは腰痛です。筋肉が凝っていたり、疲労が溜まっていたりすることもありますが、骨に異常が起きていることもあります。少しでも症状が軽くなるように、日常生活から気を付けるようにしたらいいですね。

日常生活に取り入れられる対策方法

女の人

姿勢を意識する

アイロン台や調理台は前かがみになることが多いので、補助台を置いて高さを工夫するといいでしょう。また、椅子には背筋を伸ばして深く腰掛け、足首と膝がそれぞれ90度になるように高さを調整するといいですね。

バッグの持ち方に気を付ける

片側にだけ重さがかからないように、バッグの持ち方にも気を付けないといけません。ショルダーバッグなどの場合は、左右どちらかだけでなく、こまめに持ち替えて持つといいでしょう。

筋肉を鍛える

腰痛は筋肉の衰えも原因なので、腹筋と背筋を鍛えるといいでしょう。腰に痛みがある場合は無理をせず、できる範囲でゆっくり行うのが大切です。

腰痛の対策は簡単にできる~日常で気を付けるためのセルフチェック~

医者と患者

人間は腰痛が起こる生き物

2本足で立つ私たち人間は、4本足の動物に比べて腰に大きな負担がかかります。そのため、腰痛が起きるのはごく自然なことなのです。

医療

気になるならまずは相談する

慢性的な痛みなどがなかったとしても、病院へ行くことは悪いことではありません。また、脳動静脈奇形などの病気は早期発見が大事です。腰痛は、神戸や行徳の場合、整形外科で相談することもできます。

ドクター

セルフチェックするのも大切

今は心配がなくても、後々腰痛が起こる可能性は多くの人が秘めています。そのため、インターネットなどを利用してセルフチェックを行うといいでしょう。

脳動静脈奇形について掲載中

身体に不調が表れたら病院へ行こう

ちょっとくらい大丈夫、と病院に行かずに放置してしまう人も多いのですが、重症化してからでは治すのも大変です。特に鼠径ヘルニアなど、命に関わるものは早めに手術などで治しましょう。

広告募集中